大統領の歴代ワーストランキング(米国学者の投票)

トップ10

順位 名前、在任期間、政党 功績、略歴など
1位 ジェームズ・ブキャナン

1857年3月~
1861年3月

民主党
最も偉大な大統領として評価されるリンカーンの一つ前の大統領である。

南部諸州の連邦脱退を招き、南北戦争の原因をつくったと言われる。 大統領としてたいへん優柔不断だった。危機的な状況を打開するために「統率力」や「決断力」が欠如していたとの評価が多い。

ブキャナン大統領が就任する3年前、「カンザス・ネブラスカ法」という法律が成立した。 この法律は、奴隷制を採用するか否かは、それぞれの州で決められる、という内容だった。

この法律によって、奴隷制の「廃止」を求める北部と、「存続」を望む南部の対立が激化した。 こう状況下で、ブキャナンは大統領に就任する。

就任直後、ミズーリ州の奴隷である黒人ドレッド・スコットが「自由州で暮らしたことがある自分はすでに自由人である」として憲法裁判を起こした。 これを受けて、ブキャナンは最高裁に判決を求めた。 最高裁は「奴隷は国民には値しない。奴隷は私有財産。つまり黒人は人間ではなく財産である」との判決を下し、請求を棄却した。

一方、1854年、奴隷制度に反対する勢力が結集して共和党が創設された。 ブキャナンの人気中の1960年に行われた大統領選挙では、 奴隷制反対派である共和党のリンカーンが当選した。この選挙結果を受けて、南部のサウスカロライナ、アラバマ、ジョージア、テキサスなど7州が連邦を離脱した。南北の対立は、危機的な状況となった。

しかし、ブキャナン大統領は「離脱は憲法に反する」と非難しつつも、戦争に発展するのを恐れて正面から阻止するための行動を起こさなかった。 ブキャナンの任期切れ間近の1861年2月には南部7州が連邦を脱退して新国家「南部連合」を結成した。 弱腰だったのだ。ブキャナンは、この動きを防ぐことができなかった。
2位 ドナルド・トランプ

2017年1月~
2021年1月

共和党
3位 アンドリュー・ジョンソン

1865年4月~
1869年3月

国民統一党
4位 フランクリン・ピアース

1853年3月~
1857年3月

民主党
5位 ウィリアム・ハリソン

1841年3月~
1841年4月

ホイッグ党
6位 ウォレン・ハーディング

1921年3月~
1923年8月

共和党
7位 ミラード・フィルモア

1850年7月~
1853年3月

ホイッグ党
8位 ジョン・タイラー

1841年4月~
1845年3月

無所属
9位 ハーバート・フーヴァー

1929年3月~
1933年3月

共和党
10位 ベンジャミン・ハリソン

1889年3月~
1893年3月

共和党

11~15位

順位 名前、在任期間、政党 功績、略歴など
11位 チェスター・A・アーサー

1881年9月~
1885年3月

共和党
12位 ザカリー・テイラー

1849年3月~
1850年7月

ホイッグ党
13位 ジョージ・W・ブッシュ

2001年1月~
2009年1月

共和党
14位 ジェームズ・ガーフィールド

1881年3月~
1881年9月

共和党
15位 リチャード・ニクソン

1969年1月~
1974年8月

共和党