明神茂氏は日本の有名な投資家。アメリカの証券会社(投資銀行)ソロモン・ブラザーズの元副会長。ソロモンの東京支店の債権トレーダーだった1980年代と1990年代に巨額の利益を稼いだことで知られる。給与所得(年収)が7億以上となり、国税庁が当時公表していた「高額納税者番付(長者番付)」にサラリーマンながらランクインした。その後、年収は39億円にもなったと言われ、ジョージ・ソロスらと並んでランキングされるような存在になった。バブル経済が崩壊する過程で、最先端の裁定取引という手法を駆使して儲けて勝ち組となった。 2010年代にはヘッジファンドとして活躍した。

日本人として初めてウォール街の経営トップ層に

経歴としては、中央大学を卒業後に山一證券に入社。山一のロンドン支店にいたときにソロモンからスカウトされた。ソロモン米国本社の副会長に就任し、日本人として初めてウォール街の経営トップ層にまで出世した。ソロモン退社後も投資家として活動。黒木亮の小説「巨大投資銀行」のモデルとなった。


明神茂とは

氏名 明神茂(みょうじん・しげる)
生年月日 1949年8月29日
肩書 ソロモン・ブラザーズ・アジア証券東京支社の最高経営責任者
ソロモン・グループ米国本社の副会長
ホライゾン・アセット
出身大学 中央大学
新卒で入社した会社 山一証券
得意分野 日本国債の売買
推定年収 約7億4000万円(1992年)
伝説 「1人で10年分の利益をあげた」
「日本のソロモン社員数百人分の給料を1人で稼いでいた」
愛称 シュガー
別称 「兜町の大明神」
「売りの明神」
「日本一の高給サラリーマン」
関連著書 黒木亮の小説「巨大投資銀行」(2005年)のモデル
元ソロモン社員の末永徹の回顧録「メイク・マネー!~私は米国投資銀行のトレーダーだった」で、その仕事ぶりが描写・解説されている。「竜神宗一」という名前で登場する。

経歴・プロフィール

中央大学を卒業後、山一証券に入社した。山一のロンドン支店勤務だった1979年、アメリカの名門投資会社ソロモン・ブラザーズにスカウトされる。

日本国債トレーダーとして出世

ソロモン・ブラザーズ・アジア証券に在席し、債券売買に抜群の手腕を発揮。トントン拍子で出世した。1982年、ソロモン・ブラザーズ・アジアが東京支店を設立すると、日本国債担当トレーダーとして中心的な役割を果たす。

ソロモンでは、債権の売買において「裁定取引」という手法を駆使した。現物と先物の価格差に着目して確実に利ザヤをかせぐ方法で、現在はどの証券会社も行っているが、当時は外資系証券がノウハウの蓄積で勝っていた。 ソロモンでは「数百人の社員の生活費を一人で稼ぎ出していた」と言われる。その実力が認められ、アジア全体の責任者となる。

ソロモンの米国本社の副会長(トレーディング担当)

1992年2月に東京支店の最高経営責任者に就任。さらに、米国本社の最高機関である経営委員会に就任する。英米人以外では唯一の経営委員会のメンバーとなった。 さらに、1996年、ソロモンの米国本社の副会長(トレーディング担当)に就任した。

ホライゾンで活動

2005年、黒木亮の小説「巨大投資銀行」の登場人物のモデルの一人となる。小説の中では竜神という名前。あだ名は「ソルト」と呼ばれているが、実際のニックネームは「シュガー」だった。ソロモン退社後、ヘッジファンド「ホライゾン・アセット」などで投資活動を続けた。

関連ニュース

高額納税者番付(長者番付)にランクイン

(1993年6月1日、AERA)

外資系企業ソロモン・ブラザーズ・アジア証券東京支社の最高経営責任者、明神茂さん(43)が、5月17日に発表された高額納税者番付で全国92位に入った。

1992年分の税金は3億4000円で、推定所得は約7億円になる。ソロモン・ブラザーズ・アジアによると、そのうち基本給は2000万円に満たず、大半は1992年1月に支払われたボーナスだという。

査定の対象となったのは、1990年10月から1991年9月の業績だ。この時期は株式相場が低迷し、日本の証券各社が大幅減益決算に。損失補填や暴力団関係者との取引が発覚するなど、相次ぐ不祥事に揺れていた。

明神さんはそのころ、債券や株式を売買して利益を上げるトレーディング部門の責任者として、収益を上げていたことになる。

相場が急落する中で儲ける特に威力を発揮したのは、1988年から始まった株価指標先物取引における「裁定取引」という手法だった。

現物と先物の価格差に着目して確実に利ザヤをかせぐ方法で、現在はどの証券会社も行っているが、当時は外資系証券がノウハウの蓄積で勝っていた。

「相場が上昇を続け、各社が手数料収入で儲かっている間は目立たなかった。相場が急落を始めたときに、強みをみせたんです」と、外資系証券の関係者。

1990年10月1日の東証株価大暴落のときには「外資系が現物を大量に売り抜け、バブル崩壊を加速した」とみる人もいた。日本企業の担当者の多くはその時、何が起きたのか、さっぱりわからなかったという。

「相場の下降期に売るのは日本の証券業界ではタブーだった。その間、巨額の自己資金を運用しているソロモンは、かなりの額をかせいだのでは。頭のいいやり方です」日本の大手証券会社の関係者はいう。

1992年3月期のソロモン・ブラザーズ・アジア証券の決算をみると、売買による収益は、1991年の8億円の40倍近い、314億円になった。経常利益も239億円と、1991年の約3倍になり、野村証券に迫る勢い。その年、各社は軒並み減益となり、山一証券は赤字に転落している。

「1人で10年分の利益をあげた」「兜町の大明神」といった「明神伝説」もこうして生まれた。

1992年2月には、東京支店の最高経営責任者に就任するとともに、米国本社の最高機関である経営委員会に、唯一の非英米人として選ばれてもいる。

「攻めの社風」のソロモン

明神さんは中央大学を卒業後、山一証券に入社。ロンドン支店勤務だった1979年、ソロモン・ブラザーズにスカウトされる。

ソロモン・ブラザーズ・アジアは1982年から東京支店で営業を始めた。

外資系のなかでも、「ハングリー精神に富み、攻めの社風」(広報担当者)で知られる。

「明神さんのすごさは、あそこに14年もいる、ということでわかる」。日本の金融機関から転職した、ある外資系証券会社の社員はいう。

外資系企業の人事は、よくプロ野球にたとえられる。「社長や会長は監督で、現役のスタープレーヤーのほうがはるかに高給取り。明神さんはたまたま100番以内に入っただけで、それに近い収入の人は、他の外資系証券にだって何人もいるはずです」ソロモンの社員は毎年秋に年俸を提示される。

能力を発揮すれば見合った報酬が与えられるが、実績のない者は去ってゆく。

1993年に入って、日本株部門の希望退職者60人を募った。「明神さんは日本企業よりも、個人プレーの許される外資系企業に向くタイプの人だと思う」。日興証券、モルガン・スタンレーを経てメリルリンチ・ジャパン会長、米国本社上席副社長を歴任し、明神さんと面識がある島根県出雲市長の岩國哲人さんはいう。

「明神さんは頭脳の限りを尽くして相場をウオッチする、いわば職人。新しいタイプのビジネスマンです」。日本の金融機関も、彼のような人材を遇するシステムに変わっていくのではないか、とみている。

給与7億4000万円 証券会社のサラリーマンが日本一に

(1993年5月17日、産経新聞)

土地や株の売却による高額納税者が並ぶ中、納税額約3億4000円で92位につけた東京都大田区の明神茂さん(43)は給与所得だけで100位以内に入った極めてまれなケース。外資系証券会社の敏腕ディーラーで推定所得は約7億4000万円。並の社長では足元にも及ばない「日本一のサラリーマン」と言えそうだ。

明神さんは山一証券ロンドン支店時代の1979年(昭和54年)、ソロモン・ブラザーズ・アジア証券にスカウトされ債券売買に抜群の手腕を発揮、トントン拍子で出世した。現在は円建て取引などを統括する東京支店の最高責任者の一人。

ソロモン・ブラザーズ・アジア証券は収益による能力給が大きく、広報担当者も「彼の実績なら億単位の納税もおかしくない」と評価する。

1993年3月期のソロモン・ブラザーズ・アジア証券の経常利益は20億円前後の日興証券などを大きく引き離し、約100億円に達するとみられる。特に主力の債券取引は圧倒的な強さで、その中心が明神さん。山一時代の同僚は「出世の速さがまるで違う。今は違う世界の人という感じ」と漏らす。

本人は「プライベートなことは話せない」と取材を固辞するが、前回も納税額は1億円以上。本社の最高決定機関の経営委員まで上り詰め、業界でも“伝説の人”として知られている。

【著者は語る】作家 黒木亮氏 『巨大投資銀行』

(2009年1月3日、FujiSankei Business i)

綿密取材で実務の参考書にも

投資銀行という名前がニュースなどに頻繁に登場するようになったのは、1997~98年ごろからだ。日本ではなじみのない業種で、証券会社なのに「銀行」という名前が付いているため、なかなか実態がぴんとこない。

経済小説を書くにあたっては、実務に携わっている人々に参考書としても使ってもらえるものを常に目指しているので、本書の執筆にあたっても、債券・株式、M&A、トレーディングという投資銀行の3大主要分野に徹底して切り込み、仕組みを解明するよう努めた。

うまく調べることができるだろうかと一番不安だったのが、外部からほとんど見えないブラックボックスのトレーディング業務だった。しかし幸い、1980年から1990年代前半にかけて、金融工学で最先端を走っていたソロモン・ブラザーズのOBたちが、懇切丁寧に教えてくれ、感激と驚きをもって取材を進めることができた。

当時、ソロモン東京支店を率いていた伝説のトレーダー明神茂氏(愛称シュガー)は、小説の中では「ソルト竜神」として登場している。天性のトレーダーで麻雀にも強く、相手がせこい手で上がろうとすると、本気で怒ったそうである。

かつてウォール街ナンバーワンの投資銀行として君臨したソロモンは、1990年代に入って他社に追いつかれ、1997年にトラベラーズ(現シティグループ)に吸収された。

今回の金融危機では、老舗のリーマン・ブラザーズが連邦破産法11条の適用を申請するという劇的な幕切れを迎え、ゴールドマンやモルガン・スタンレーは、FRBの銀行規制の下で新たな段階に入った。

しかし、証券市場がある限り、投資銀行業務は永遠になくならない。本書は日本のメガバンクの研修で課題図書としても使われており、著者としては、引き続きビジネスマンや学生の役に立ってほしいと願っている。(角川書店、上下各820円)

【プロフィール】黒木亮

くろき・りょう 1957年北海道生まれ。カイロ・アメリカン大学大学院修士(中東研究科)。都市銀行、証券会社、総合商社に23年あまり勤務し、国際協調融資、プロジェクト・ファイナンス、航空機ファイナンス、貿易金融など数多くの案件を手がける。2000年『トップ・レフト』でデビュー。近著に『エネルギー』『冬の喝采』。英国在住。